TOP / 表彰・助成 / 研究・教育助成

研究・教育助成

創立75周年を記念して研究・教育助成基金を設立いたしました。この基金による助成は、照明及びその関連分野に携わり、学術の発表や技術の向上に寄与している個人又はグループの研究活動を支援・奨励し、研究者の育成を行うことを目的としています。

表1 研究・教育助成課題数一覧表
    特定研究 一般研究 奨励研究 学会内
助成
合計 助成総額
第25回 応募課題数
助成決定数
-
-
-
-
9
4
-
-
9
4
120万円
第24回 応募課題数
助成決定数
-
-
-
-
7
2
-
-
7
2
80万円
第23回 応募課題数
助成決定数
-
-
-
-
6
3
-
-
6
3
120万円
第22回 応募課題数
助成決定数
-
-
-
-
15
3
-
-
15
3
120万円
第21回 応募課題数
助成決定数
-
-
-
-
9
4
-
-
9
4
160万円
第20回 応募課題数
助成決定数
-
-
-
-
9
3
-
-
9
3
98万円
第19回 応募課題数
助成決定数
2
1
3
1
9
4
0
0
14
6
325万円
第18回 応募課題数
助成決定数
5
0
10
2
12
4
0
0
27
6
254万円

* ( )は、予備選考対象課題数です。
**学会内助成は第12回より

第26回(平成29年度)一般社団法人 照明学会 研究・教育助成課題応募要領

1.助成目的

(一社)照明学会は平成3年に創立75周年を迎え、これを記念して研究・教育助成基金を設立いたしました。この基金による助成は、照明およびその関連分野に携わり、学術の発展や技術の向上に寄与している個人またはグループの研究活動を支援・奨励し、研究者の育成を目的としています。

2.助成対象となる研究分野

下記の研究分野を対象とします(下線は研究分野に対応する照明学会分科会名を示します)。

  1. 光源・照明システム、熱・光放射、光関連材料、光関連デバイス、光源用回路、照明器具、制御システム
  2. 固体光源、固体光源の材料、デバイス、駆動回路、照明器具
  3. 視覚・色・光環境、視覚、色彩、照明環境評価、視覚の心理効果、視覚の生理効果
  4. 光放射応用、X線〜テラヘルツ、光学素子・システム、生物への応用、生体・医療への応用、オプトエレクトロニクス、産業応用、光センシング
  5. 計測・標準、測光測色、放射測定技術
  6. 照明デザイン、照明設計、照明計画、照明・光環境評価
  7. 環境・エネルギー、省エネ化、電力ネットワーク、社会環境、地球環境、光エネルギー応用
  8. 視覚情報、画像情報、視覚信号
  9. 照明教育
  10. その他の照明関連分野

3.助成金額

1件あたり40万円以内です。

4.助成対象者

大学、高専、高校またはこれに準ずる専門学校に所属し、下記に該当する個人またはグループを対象とし申請者(研究代表者)に対して助成します。

① 大学、高専、高校またはこれに準ずる専門学校の教職員で、研究または教育に従事している方。
② 大学院生(平成29年度入学・進学予定者を含む)または研究生。

 いずれの場合も研究代表者(申請者)は40 歳以下(平成29年4月1日現在)に限ります。ただし、申請者が学生の場合は、年齢制限はありません。
 また、研究代表者および指導教員は(一社)照明学会の会員であることが必要です。ただし、申請時に非会員であっても採択時に入会すれば助成対象者となります。

5.応募条件

応募の時点で以下の条件をすべて満足していること。

(1)申請者(研究代表者)が「助成対象となる研究分野」に関連のある学会発表や論文発表を行った実績があること(申請書に記載し関連資料を添付)。内容が関連するものであれば照明学会に限定するものではありません。
(2)申請者(研究代表者)が大学院生または研究生の場合は、研究の実施について指導教員が責任をもって指導することを承諾していること。
(3)過去に(一社)照明学会研究・教育助成を受けたことがある場合は、本申請時に前回の助成期間がすでに終了していること。

6.研究期間

平成29年4 月1日から1年間または2年間とします。

7.助成金の使途

  • 助成の対象となる経費は、申請書に記載された研究に必要な設備備品費、消耗品費、旅費、謝金、その他とします。
  • 設備備品費は助成金額の50%を超えないものとします。汎用パソコンなどで研究との関連が明確でないものは助成金額の減額対象となることがあります。
  • 旅費は当学会が主催する日本国内の学会発表および学会参加に必要な学会参加旅費、または申請書の研究実施計画に明記された調査研究旅費とし、いずれも申請者(研究代表者)自身の旅行に限ります。
  • 申請者(研究代表者)自身の、学会・大会や研究会の参加費(登録料、聴講料、投稿料など)は支出できますが、本学会を含む学会等の入会金や年会費を支出することはできません。

8.助成金受領者の義務

  • (一社)照明学会との間に覚書を交換して、申請書の研究実施計画および助成金使途内訳に従って研究を遂行して頂きます。止むを得ない事情により、当初の研究計画の実施が困難となり、研究目的や研究実施計画を大幅に変更される時は、(一社)照明学会に事前に相談し承認を受けて下さい。
  • 研究完了時に研究報告書・会計報告書(最終)を提出していただきます。なお、研究期間が2年間の場合は、1年目終了時に研究報告書・会計報告書(中間)を提出していただきます。
  • 研究報告書・会計報告書の提出がなかったときは、助成金を全額返還していただき、以後は応募されても助成の対象とはいたしません。報告書の内容が事前の承認なく申請書と大きく異なる場合や、助成金の使途が不適切と判断された場合には、助成金の一部または全額の返還を求めることがあります。
  • 研究期間終了翌年度の(一社)照明学会全国大会の特別セッションで、本助成で得られた研究成果を発表していただきます。研究代表者が学生の場合、卒業等により発表できない場合は指導教員が代理で発表していただきます。

9.審査方法

(一社)照明学会「研究・教育助成課題選考委員会」において厳正かつ公平な審査を行い、理事会において決定し、採否を通知致します。

10.助成金の交付

平成29年4月1日以降、所属機関指定の銀行口座に振込みます。

11.応募方法

 照明学会ホームページから「研究・教育助成課題申請書」をダウンロードして申請書を作成し、締切日までに到着するようお送り下さい。なお、申請者が大学院生または研究生の場合には、指導教員の承諾、捺印が必要です。

12.応募締め切り

平成29年1月13日(金)必着

13.問い合わせ及び申請書送付先

〒101-0048
東京都千代田区神田司町2-8-4 吹田屋ビル3階
一般社団法人 照明学会 研究・教育助成委員会(担当:宮尾)宛

事務局電話03-5294-0101, FAX 03-5294-0102
(一社)照明学会URL:http://www.ieij.or.jp
担当者電子メールアドレス:aiding(at)ieij.or.jp (”(at)” を ”@”に変更して下さい.)