TOP / お知らせ / 一般の方へ / 第8回 Lux Pacifica(ルクスパシフィカ)開催のご案内

第8回 Lux Pacifica(ルクスパシフィカ)開催のご案内
(The 8th Lux Pacifica)

 (一社)照明学会を含む環太平洋地域11カ国の照明学会で構成される国際会議であるLux Pacifica(ルクスパシフィカ)を2018年3月に東京で行うことになりました。Lux Pacificaの日本開催は1997年の名古屋大会から数えて21年ぶりになります。詳細な大会日程公表および発表受付を2017年7月より(一社)照明学会ホームページにて行いますので、皆様のご発表をお待ちいたします。

開催予定:

2018年3月6日〜8日に正式決定しました!

開催場所:

東海大学高輪キャンパス
(JRおよび京急品川駅から徒歩18分(バスもあります)。地下鉄泉岳寺駅より徒歩10分、地下鉄白金高輪駅から徒歩8分と大変便利なところにあります)。

参加費用:

22,680円(バンケット代込み) クレジットカードの受付のみとなります。

受付登録は英文ページからお願いします。
発表される方も参加だけされる方も費用は同額です。
 受付登録(英文ページ) 

大会タイトル:

Life and Lighting

大会の目的:

Lux Pacificaは環太平洋地域11カ国・地域の照明学会の連合体です。本大会は、産業界および大学間の共同研究を推進するとともに、産業界で結びつきの強い加盟各国の照明環境や技術動向について把握する機会を提供します。また、本大会はこれらの国々における照明デザインと教育にも貢献します。

Lux Pacifica 2018 will unite the lighting societies in pacific rim countries. Lux Pacifica 2018 will promote the collaboration between industries and universities in pacific rim countries. Lux Pacifica 2018 will provide the chances to grasp the lighting environments and technologies in pacific rim countries. Our congress will contribute to improvement of lighting design and lighting education in these countries.

特別講演:

 これまで、下記の方々の特別講演を予定している旨お伝えしてきました。

  • 富澤奏子博士(The Zoological Lighting Institute)「生態学から見た光害の影響」
  • 鈴木広隆先生(神戸大学)「照明デザインに関する研究」

新たに下記の4名の先生方にもご講演をいただく予定になりました。

  • Warren Julian先生(University of Sydney)「弱視者と照明(仮題)」
  • Brian Funt先生(Simon Fraser University カナダ)
  • Sérgio Nascimento先生(University of Minho、ポルトガル)
  • 矢口博久先生(千葉大学)

上記3名の先生方には連続講演シリーズとして「Evaluation of color appearance under artificial lighting(仮題)」という統一テーマのもとお話をいただく予定にしています。

発表登録およびアブストラクト・フルペーパー投稿:

 登録およびアブストラクト投稿  2017年7月1日〜9月30日
 アブストラクトは400語未満でお願いします。また、アブストラクトの採択通知は10月の半ばまでに行います。
 フルペーパー(2ページないしは4ページ)の投稿は11月30日まで受け付けます。
  ただし、フルペーパーの投稿は必須ではありません(註)。
 フルペーパーの採択通知は12月の半ばまでに行います。

 フルペーパーの投稿および著作権移譲に関するフォームは後日掲載します。

  (註)特に、後日研究内容を雑誌論文として投稿することを考えておられる場合、投稿規程によっては二重投稿となってしまうことは危惧される場合は、本大会へのフルペーパーの投稿をお控えになることをお勧めします。

 タイムリーな情報は、ホームページの更新に先立って専用facebook(英文)でお知らせしてまいります。

 Facebookの閲覧は下記の画像をクリックしてください

アブストラクトおよび論文の査読方針(Facebookでは案内済み)

 投稿されたすべてのアブストラクトは委員会で査読の後、採択する予定で、基本的にリジェクトすることはありません。従いまして9月末日までに参加登録料を払い込んだものの、発表できないという事態にはなりません。この点ご安心いただければと存じます。
 ただし永久運動機関の発明に成功したという報告など科学的・技術的にナンセンスであると判断される研究に関しては、査読者・編集者のアドバイスのもと発表演題を変更したり、アブストラクトの修正をおこなっていただくことになります。また剽窃やデータの捏造が疑われるなど倫理・法的に問題のある研究に関しても、演題の変更やアブストラクトの修正を求められることがあります。
 投稿がオプションとなっている論文に関しては科学・技術論文(デザイン・経済政策関係など科学・技術論文の形式に馴染みにくい論文は除く)としての体裁を整えていない、あるいは内容に大きな問題がある場合には、編集委員および査読委員のアドバイスのもと修正が求められることがあります。なお、彼らの中には一流国際誌に英文で論文を数多く発表してきた大学教員や様々な国際誌において編集や論文査読経験が豊富な大学教員も含まれています。そのため、たとえ修正意見がついたとしても、今後国際誌に投稿しようと考えている学生や若手研究者・技術者にとって良い教育的機会になろうかと思います。

その他のイベント:

 3月6日〜9日の予定で、東京ビッグサイトにおいて照明機器の展示会・LED NEXT STAGEが開催されます。本大会と同時期開催でしかも会場も近いですので、ぜひこちらも併せてご参加ください。

https://messe.nikkei.co.jp/ld/

謝辞:

大会ロゴは Chinami E. Michaels女史(米国イリノイ大学シカゴ校)の好意により作成いただきました。
https://cmichaels.carbonmade.com/about

このページの先頭へ