TOP / 表彰・助成 / 日本照明賞

日本照明賞


第38回(2020)日本照明賞推薦のご案内

 日本照明賞は、日本の科学、技術、産業、芸術、文化の水準を高め、世界に誇りうる照明かかわる優れた業績を顕彰するものです。

 本賞は、照明学会創立65周年を記念して1981年に設定され、その目的は、本学会および照明界の新たな活性化を図り、ますますの発展、躍進を促すことにあります。本年も優れた業績のご応募を期待し、日本照明賞候補のご推薦をお願い致します。

1.対象となる業績と応募条件

 本賞は、照明にかかわるすべての領域において公募の年までに実現した顕著な業績、経年的に実績のある業績を対象とし、日本の科学、技術、産業、芸術、文化の水準を高め、世界に誇りうる優れた業績を対象とします。

 〇論文 〇著書 〇発明、製品開発、技術開発 〇生産技術 〇計測・制御技術 〇施設

 照明学会各賞に応募された業績についても重複しての応募が可能で、受賞の対象となります。審査資料として提出された図、写真等は、広く公表して本賞の目的達成に資するため、本賞に関する記事に関する限り、関係者の許可なく使用することにご同意願います。

2.候補者資格

候補資格は個人またはグループ(連名も可)とし、照明学会会員、非会員を問いませんが、受賞時には候補者の方の少なくともいずれかが会員であることとします。

注1.
グル−プは当該業績を実際に担当した実行集団名として下さい。
法人、地方自治体名の推薦は避けて下さい。

注2.
グループの複合は異なる事業体相互、同一事業体の異なる部門相互のいずれであっても可とします。

注3.
連名の候補者は、個人の場合は1件3名以内、個人とグループおよびグループとグループの複合の場合は1件3グループ以内とします。なお、グループとグループの複合の場合はそれぞれのグループを頭書きし3名以内の氏名を記入して下さい。グル−プ名のみの推薦も認めますが、グル−プの代表者を必ず記入して下さい。グル−プ代表者のうちどなたか1名を全体代表者としてご記入下さい。

3.表彰

本賞による表彰は2件以内とし、該当なしと審査された場合は、表彰は行ないません。

4.応募書類及び応募要領

  • A )応募書類は、推薦書、説明用追加資料、候補者全員の経歴書、及び所属事業体の案内書です。
  • B )推薦書は学会ホームページの「日本照明賞」にあります推薦書をダウンロードしたものを使用し、ワード文書でご作成下さい。(PDFファイルは不可)。推薦書は書類審査の資料としますので枠内にできるだけ詳細にお書き下さい。
  • C )説明用追加資料は、図・表・写真を含め、A4サイズでレイアウトし、10ページ以内でご作成下さい。
  • D )推薦書、説明用追加資料及び候補者全員の経歴書の電子ファイルをCDまたはDVDにコピーしたものを1枚作成して下さい(USB不可)。
    CD/DVDのレーベル面には業績名を記載し、ハードケースに入れて下さい。
  • E )応募は、上記4.のCD/DVDを1枚、推薦書、説明用追加資料をプリントアウトしたものをそれぞれ1部、及び所属事業体の案内書各1部を7.の書類送付先へ締め切りまでに提出して下さい。
  • F )推薦者は、照明学会会員、非会員を問いません。また自薦他薦についても問いません。
  • G )応募書類は返却いたしません。

第38回日本照明賞推薦書(MS-word形式:22KB)

5.審査

  • A )審査委員会を設け、審査規定に基づいた厳正な審査を行ないます。
  • B )必要に応じ追加資料、審査委員に対するプレゼンテーション、現地審査の受け入れをお願いすることがあります。
  • C )審査の透明性を高めることを目的に、応募された業績名と受賞理由は公表します。

6.推薦応募締切日: 2019年12月26日(木)必着 (E-mail送信不可、必ず郵送下さい)

7.書類送付先ならびに連絡先(必ず係名を明記してください)

〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-8-4 吹田屋ビル3階
一般社団法人 照明学会 日本照明賞係 
TEL 03-5294-0101 FAX 03-5294-0102
E-mailアドレス:aiding(at)ieij.or.jp  (”(at)” を ”@”に変更して下さい.)

8.受賞者ならびに推薦者への通知時期

 2020年4月下旬

9.表彰式及び記念講演のお願い   

2020年の照明学会全国大会(2020年9月北海道科学大学(予定))にて行い表彰を行います。
受賞者には全国大会にて記念講演をお願いする予定です。
また、受賞された内容については、学会誌への投稿もお願いする予定です。