TOP / FAQ (よくある質問)

FAQ (よくある質問)

照明学会全般について

会員制度について

照明に関わる仕事について

通信教育について

当学会のサイトで運用している申込システムに関する事項について

照明器具について

その他


照明学会全般について

Q. 一般社団法人照明学会とはどのような団体ですか。

A. 照明学会は、1916年(大正5年)11月29日に創立され、わが国における照明技術の発展や照明知識の普及に大きく貢献してきました。現在、照明学会では、「研究・調査活動」「照明学会全国大会等の開催」「研究助成」「規格・基準の策定」「会誌の発行」「表彰」「照明教育活動」「講演会、講習会、見学会などの開催」「照明の普及活動」等の活動を行っています。詳しくは「照明学会について」のコンテンツをご覧下さい。

このページの先頭へ

Q. 照明のことを学べるイベントはありますか。

A. 照明学会主催のイベントは、ほとんどが会員でなくても参加できます。セミナーや施設見学会などを開催しておりますので「お知らせ」のページをチェックして、興味があるイベントにご参加下さい。照明学会の会員は、イベントへの参加費が割り引きになることが多いです。

会員制度について

Q. 照明学会の会員になるとどのような特典がありますか。

A. 会員には学会誌が無料で配布されるほか、会員の種類に応じた特典が与えられます。

  • 研究成果を発表できます。
    学会誌・英文誌への投稿・発表
    講演形式での発表(全国大会・関連学会との連合大会・支部大会・公開研究会など)
  • 照明学会誌が毎月配布されます。
  • 英文誌を会員特価で購入できます。
  • 各種出版物を会員特価で購入できます。
  • 研究調査など各種活動に参画できます。
  • 各種表彰制度を活用できます。

このページの先頭へ

Q. 照明学会の会員になるにはどうしたらよいですか。

A. 入会案内のページを熟読の上、必要な手続きを行ってください。

このページの先頭へ

Q. 照明学会の入会金と会費は?

A. 正会員の場合、入会金1000円、年会費10,000円となっております。その他の会員の会費については、入会案内のページをご覧下さい。

このページの先頭へ

Q. 照明学会会費の支払い方法は?

A. 会費自動振替制度を実施しており、新入会の方には全員に加入をお願いしております。

このページの先頭へ

Q. 会費自動振替制度とは?

A. この制度は、一度のお手続きで会費が毎年ご指定の口座から自動的に振替される制度です。振替は、郵便局および全国銀行協会加入の金融機関の口座ならどこでも可能です。手数料はいっさいかかりません。詳しくは入会案内のページをご覧下さい。

このページの先頭へ

Q. 休会する制度はないのでしょうか。

A. いろいろな理由で会員としての身分を一時中断せざるをえない場合は、一旦退会し、再度入会金(1000円)を払って会員となる方法があります。

照明に関わる仕事について

Q. 照明関係の仕事につくのに何をしたらいいのかがわかりません。
どんな学校に行ったらいいのか、何を勉強したらいいのか、どんな資格が必要なのか、など教えてください。

A. 照明関係といっても幅が広いですので,「照明のどんなことをやりたいか」によって、勉強する方向性が変わってきます。

このページの先頭へ

Q. 照明関連の職業にはどのようなものがありますか。

A. さまざまなパターンが考えられますが、例をあげておきます。

  • 照明デザイナー…建物のライトアップ、オフィスや住宅や店舗の中の照明プランをする。
  • 照明器具デザイナー…ランプのデザインをする。
  • 照明メーカーの社員として、光源・照明器具の生産・開発・販売などの業務をする。
  • 大学で心地よい照明とは何か,効率のよい照明とは何かなどを学術的に研究する。
  • 照明家…舞台などを照らす専門技術を持つ。

このページの先頭へ

Q. 照明計画ができる職場に就職したいのですが、どういうところに就職するのがいいのかわかりません。

A. 照明計画の多くは照明デザイン事務所や照明メーカーが行います。また建築・インテリアデザイン関係でも照明をトータルで設計することがありますのでそのような企業への就職も考えられます。

このページの先頭へ

Q. 照明計画を事業内容としている企業はどんなところがあるんですか?

A. 本サイトとリンクしている日本照明情報サービスに照明関連企業のリンク先が掲載されていますので、そちらから調べてはいかがでしょう。

通信教育について

Q. 通信教育講座を途中から受講したいのですが。

A. 資格取得に当たって、提出期限を守っていただくことを重視しております。そのため期間途中の受講はお断りさせていただきたく、ご理解ください。

このページの先頭へ

Q. スクーリングに参加する際、どんな服装で行けば良いのですか。

A. スーツの人、私服の人など人それぞれですので、自分の好きな服装でかまわないと思われます。

このページの先頭へ

Q. 照明コンサルタント®とは、全国で通用する資格なのでしょうか。
また通信講座で確実に取れるレベルなのでしょうか。

A. 「照明コンサルタント®」は照明学会が認定するいわゆる民間の資格ですが、全国的なものです。照明関連に携わっている方ならご存知と思います。
「照明コンサルタント®」の資格が取れる「照明基礎講座」は通信教育の形をとっておりますので、テキストをご理解いただければ取れるでしょう。5回の添削問題・レポート1回で合格点をとり、スクーリングを受けると取得できます。

このページの先頭へ

Q. 照明コンサルタント®と照明士®の違いを教えてください。

A. 「照明基礎講座」の修了者に与えられる称号が「照明コンサルタント®」です。
照明のシニア・コンサルタントを養成する「照明専門講座」の修了者に与えられる称号が「照明士®」です。

このページの先頭へ

Q. 照明コンサルタント®と照明士®は国家資格ですか?

A. 照明学会が認定するもので、国家資格ではありません。

このページの先頭へ

Q. 照明士®まで受講する必要はありますか?

A. 現在あるいは、将来照明関連の仕事を志す方には、ぜひお勧めしたいものです。

このページの先頭へ

Q. 認定を受けた方は、どんな仕事に就かれていますか?

A. 主な就業職種としては、電力会社・電気工事業・照明器具販売業・建築設備設計業・コ−ディネ−タ−・インテリアデザイン業・モデルハウス説明者など、多種業で活躍されております。

このページの先頭へ

Q. 受講するのに何か資格は必要ですか?

A. 照明基礎講座(照明コンサルタント®)はどなたでも受講できます。学生さんも多くなりました。特に最近は女性の受講者が多くなってきています。

照明専門講座(照明士®)の受講資格は以下のとおりです。
・照明学会員であること( 会員でない方は、講座申込と同時に入会して下さい)が要件です。
なお受講は照明コンサルタント®を取得した方、または、照明関連の実務経験者(5年程度)の方を目安としています。

このページの先頭へ

Q. 申込みはキャンセル出来ますか?

A. 受講申込み方法のページの記載のとおり、所定の期間中は、申込みの取消ができます。ご確認のうえ、通信教育担当へご連絡ください。

このページの先頭へ

Q. スクーリングの会場は変更出来ますか?

A. 止むを得ない場合は、会場の変更希望を受付けます。スクリーング開催のお知らせに記載した連絡期日までに、Eメール又はFAXで通信教育担当へご連絡下さい(電話でのご連絡はご遠慮願います)。
なお、照明コンサルタント®(照明基礎講座)のスク−リングは7月に全国9ケ所(札幌・仙台・東京・金沢・名古屋・大阪・広島・高松・福岡)で開催します。また、その認定後5年ごとの更新のスクリーングは、11月に全国6ケ所(札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡)で開催します。
照明士®(照明専門講座)のスク−リングは3月に全国2ケ所(東京・大阪)で開催します(どの会場でも、講座ごとの講演プログラムは同じです)。

このページの先頭へ

Q. 途中でやめた場合、受講料は戻ってきますか?

A. 申込みの取消期間後は、途中でやめられても、受講料の返金は出来ません。なお、取消できる期間は、受講申込み方法のページをご覧ください。

このページの先頭へ

Q. 申込みの方法が分からないのですが・・・

A. 毎年2月に「開講のお知らせ」をご用意しております。当照明学会サイトでも案内しています

このページの先頭へ

Q. 照明基礎講座と照明専門講座を同時に受講することはできますか?

A. 同時に受講できます。但し、照明専門講座は受講資格を満たしていることが必要です。

このページの先頭へ

Q. 住所・氏名・勤務先等を変更しました。何か手続きが必要ですか?

A. 住所・氏名・勤務先・Eメールアドレス等が変更になった場合は今後、学会からの連絡が届かない可能性がありますので、必ずご連絡ください。はがき・FAX・e-mail 、いずれかの方法でお送りください。
ご連絡の際は,必ず認定番号(受講中の方は受講番号)をお知らせください。

このページの先頭へ

当学会のサイトで運用している申込システムに関する事項について

Q. 申込システムで申込の取消や返品手続ができますか。

A. システムで申込の取消や返品手続はできませんので、取消等をご希望のときは、照明学会の各担当宛にご連絡ください。なお、取消、返品できる期間や取消等のためのご連絡内容は、各申込内容により異なりますので、各申込の頁の説明をご参照ください。

Q. 申込みの取消や返品時の返金の方法はどうなりますか。

A. 銀行振込、コンビニ決済でお支払いいただいた代金は、お申込者ご指定の銀行口座に振込により返金します。なお、その際の振込手数料は、申込者にご負担いただきますので、振込手数料を差し引いた返金額となります。 クレジット決済の場合は、当学会での返品処理日が、クレジットカード会社へのおおよその請求取消し日となります。そのため、ご利用のクレジットカード会社の締め日を跨いだ処理の場合、ご返金は次回のお引き落とし日になります。

照明器具について

Q. 蛍光灯を点けたり消したりするスイッチ用のひも。これには正式な名称はあるのでしょうか?

A. 光源の点滅を行う装置をスイッチといい、引っ張るスイッチは「プルスイッチ」という名称です。ひもの部分は「プルスイッチの引きひも」と呼ばれることが多いようです.

このページの先頭へ

Q. 蛍光ランプ、及び点灯管(グロースターター)には微量ながら放射性物質が使用されているとのことですが、その真偽と物質名をお教えください。

A. 現在生産されている蛍光ランプと点灯管(グロースターター)には放射性物質は使用されていません。
以前の点灯管は放射性物質を使用していましたが使用量が極僅かで、1個の点灯管を1年間携帯したとしても人体への影響は自然放射線の1/10以下です。

このページの先頭へ

Q. 虫が集まりにくい照明はありますか。

A. 虫が感じやすい波長をカットすることで、明るさはそのままに虫が寄りつきにくい照明器具が各照明メーカーから販売されています。

その他

Q. 高齢者対象の施設で照明が暗いのですが、どのくらい明るければよいのかがわかりません。一番、過ごしやすいのは何ルクスぐらいあるのがよいのでしょうか?

A. だんらん,軽い読書…150〜300lx
集中した読書や細かい作業…300〜750lx
高齢者が多い場合には,上記の範囲の中でも高めにした方が良いです。

このページの先頭へ

Q. LED光とバルブ光との明るさの比較・検討の方法について教えてください。

A. LEDでもバルブでも眩しさは同じで,「光度値に比例」します.しかし,光源の大きさや広がりが見えるほど近づくと,同じ照度でも輝度の高いほうが(すなわち発光面積が小さい方が)眩しくなってくるはずです.(したがって,明るさ≠眩しさ)

このページの先頭へ

Q. 照明に関して 数々の基準がありますが、基本的にこれらは海外から輸入したものが多いのでしょうか?

A. 基本的に照明関係については国際照明委員会(CIE)の標準が国際標準になります。
CIE標準をまとめる際にはJCIE(日本照明委員会)を通して情報が入り、日本からも意見表明をしています。
各国の意見を取りまとめ基準となります。基準などの国際整合は世の流れですが、欧米の基準をそのまま日本に当てはめると言う事はありません。

このページの先頭へ