TOP / 通信教育 / 専門講座

お問合せ先 TEL:03-5294-0105(平日10時〜17時)
    Email:education(at)ieij.or.jp (”(at)”を”@”に変更して下さい)
「照明士」「照明コンサルタント」は、一般社団法人照明学会の登録商標です。

専門講座・・・照明士®

はじめて受講される方へ

照明学会では,より高度な照明のソフトやハード面を捉えて,照明のシニア・コンサルタントを養成する「照明専門講座」を通信教育として開講しています。­この講座は、「照明関連の業務に携わる方々に必要な高度の専門知識を習得いただく講座」で、合格者には「照明士®」の称号が与えられます。

2017年度(第33期)の「照明専門講座」受講のお申込受付期間は、
2017年6月1日〜7月31日を予定しています。

募集要項
申込受付期間

6月1日〜7月31日(郵送によるお申込みは消印有効)

講座期間 9月〜翌年3月
受講料 36,720円 (税込)+非会員の方:5,000円(講座期間会費分)
(※会員でない方は申込と同時に正会員の入会手続が必要となります。)
海外から申込みの場合は、事前にe-mailにてご連絡ください。
受講対象者
(目安)
高度な知識を習得したい方や照明関連の実務経験者など。
受講資格

照明学会の会員であること。(学生会員、准員の方は、受講の翌年度から正会員へ種別を変更いただきます。)

会員でない方は、正会員の入会が必要となりますので、講座期間の会費分の5,000円を受講申込時に受講料と一緒にお支払いください。
なお、翌年度以降の年会費(4月から翌年3月分10,000円/年・不課税取引)は口座振替とさせていただきます。
受講申込書の受付後、翌年度以降の年会費分の「預金口座振替依頼書」をお送りしますので、必要事項をご記入のうえご返送ください。
この「預金口座振替依頼書」のご提出がない場合は、会員登録が完了しないため、「照明士®」の認定も受けられません。
※口座振替以外のお支払い方法をご希望の場合は、ご相談ください。

カリキュラム
  • ■テキストの科目の独習(9月〜)     
     (テキスト等教材一式は8月下旬に発送)    
    • Ⅰ編 照明設備
    • Ⅱ編 視覚の基礎、色彩学
    • Ⅲ編 初等幾何光学と測光量
    • Ⅳ編 光環境の見え方とその役立ち
    • Ⅴ編 市街地のトラフィック
    • Ⅵ編 視覚情報表示とシステム
    • Ⅶ編 防災照明システム
    • Ⅷ編 生物環境
    • Ⅸ編 工業分野
    • Ⅹ編 光エネルギーの障害
    • Ⅺ編 照明関係の安全基準
    • Ⅻ編 環境与件
    • 付録
  •  ■テキストに基づくテスト(演習問題、10月〜翌年1月、計4回)
  •  ■課題テーマに対するレポート(翌年1月)
  •  ■スクーリング(照明関連情報の講義、翌年3月)

テキスト目次PDF

照明士の認定条件 各回の演習問題とレポートの全てに合格し、スクーリング履修が認められた講座合格者を「照明士」に認定します。但し、当学会の会員資格がない場合は、認定できません。

受講の流れ

学習の進め方と演習問題の解答方法

  1. テキストが届きましたら、テキストに順次沿って独習を進めてください。
  2. 演習問題解答の提出方法には、インターネットを利用した「Web」方式(携帯電話からの利用不可)と、郵送による「マークシート」方式とがあります。申込み時にどちらかを選択してください。
    Web方式を希望する場合は、受講申込み方法ページのWeb(インターネット)解答推奨環境をご確認ください。なお、解答方式は、お申出により途中から変更できます(有償)。変更をご希望されるときは、通信教育担当へお問い合わせください。
  3. 演習問題は第1回から第4回までです。各回とも10問が選択形式の問題として出題されます。
    • Web方式で解答する方は、まず、学会から通知されたサイトへアクセスしてログインしてください。その上で、画面上で問題を確認し、解答欄のボタンを選択して保存してください。保存した後も締切日までは何度でも修正可能です。
    • マークシート方式で解答をする方は、学会から送付された指定マークシートに解答番号を選択し、受講番号登録票のバーコードシールを貼付して指定封筒(当学会宛名印刷済)に入れ、切手を貼り投函してください。
  4. 各回とも解答提出期間内に必ず提出してください。期日後の解答は受付できません。
  5. 解答提出期間後、採点結果をサイトにアップしてメールでお知らせします。各回共に100点満点中、60点以上が合格ですので、各自必ずご確認ください。マークシート方式の受講者で、合格点に達していない方には、採点結果を郵便でも送付します。
  6. 採点の結果、60点未満の場合は、採点時にお知らせする指定期間内に、追試験として解答し直すことができます。追試験でも60点未満の場合は、その演習問題は不合格となります(照明士の認定もできなくなります)。
  7. 追試験終了後、テスト結果と解説をサイトにアップしたらメールでお知らせしますので、各自で必ずご確認ください。マークシート方式の方には郵便でも送ります。
  8. 指定のテーマについて、レポート(600〜750字)を提出いただきます。レポートも採点し、60点未満は不合格となります(照明士の認定もできません)。
  9. カリキュラムの最後として、スクーリング(照明関連情報の講義)を受講いただきます。

スクーリング

スクーリングは、新しい照明関連情報等についてテキストによる独習を補って、教育効果を高めることを目的としたものです。開催時期は、翌年3月です。講義テーマや受講方法は、受講者に別途ご案内します。

照明士®称号の認定

 各回の演習問題の全てとレポートを合格し、スクーリングの履修が認められた受講者に、講座合格として照明士の認定証を授与します。但し、当学会の会員資格がない場合は、認定できません。
 照明士認定者は、学会誌に原則として氏名・勤務先を掲載します。
 照明士は学会の正会員であることが条件となります。照明学会を退会した場合(会費未納を含む)資格認定は無効となります。

留年制度

 講座を合格されなかった場合、翌年度に限り、同一講座を割安の受講料で再度受講いただけます(受講料: 9,720円(税込))。
  受講内容は、通常の受講と同一で、テキスト等の教材一式をあらためて郵送します。なお、海外からの受講や2年以上連続した留年制度の利用はできません。

現在受講中の方へ

2016年度照明専門講座 第32期受講生の方へ

最終レポート以降については以下のサイトでご確認ください。
通信教育受講生サイト:https://www.splms.com/ieij/jukos/

スクーリングについて

 照明士認定にはスクーリング受講が必須条件となります。必ず参加してください。
★開催通知及び地図は、レポート返送時に同封します(2月末〜返送予定)。

・東京会場 3月16日(木) きゅりあん(品川区立総合区民会館)小ホール
 品川区東大井5-18-1 (TEL)03-5479-4100
  JR線・りんかい線・東急線「大井町駅」より徒歩1分

・大阪会場 3月21日(火) 中央電気倶楽部 5階ホール
 大阪市北区堂島浜2-1-25 (TEL)06-6345-6351
 大阪駅より徒歩12分/北新地駅より徒歩6分

プログラム(両会場共通)
12:30 受付開始
13:00〜13:10 開講の挨拶
13:10〜13:40 照明学会の概要説明
13:40〜14:50 講演Ⅰ「新たなスポーツ照明環境の計画と評価方法−横浜スタジアムのLED改修−」
15:00〜16:10 講演Ⅱ「最近の屋外照明のトレンド」
16:10〜17:00 認定証授与・閉講の挨拶(終了)
 

★登録のお名前に変更や誤りがある方は、必ずご連絡ください。登録された名前が認定証に印字されます。今一度、ご確認をお願いします(認定後の訂正は有料となります)。

お問い合わせ先

一般社団法人照明学会 通信教育担当
〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-8-4 吹田屋ビル
TEL:03-5294-0105 FAX:03-5294-0102
(TEL受付時間 平日10時〜17時 土日祝休)
Email:education(at)ieij.or.jp (”(at)”を”@”に変更して下さい.)

このページの先頭へ