第6回「四国照明デザインコンテスト」のご報告

日時: 令和元年10月19日(土)
場所: ヨンデンプラザ・サンポート(高松市サンポート2−1)
内容:

 四国4県の高校を対象とした照明デザインコンテストを開催いたしました。 今回のテーマは「災害時に役立つあかり」で、アイデア審査を通過した7校9チームがプレゼンテーションを行い、照明学会幹事による審査の結果、最優秀賞、アイデア賞、審査員特別賞を決定しました。

 最優秀賞は、「こびとのおうち」をテーマに、物を照らすだけでなく人々の心を和らげる温かい照明を制作した、香川県立善通寺第一高等学校 デザイン科 3年生の皆さんが受賞しました。

 アイデア賞は、普段はペンダント照明として、災害時には床照明として使用可能な調光機能付きの照明を制作した、香川県立多度津高等学校 建築科 3年生の皆さんが受賞しました。

 また、照明学会四国支部および本コンテストにご支援・ご協力いただいた各団体・組織のお名前を表した、審査員特別賞として、「電気学会四国支部賞」は徳島県立つるぎ高等学校 電気科 3年生の皆さん、「日亜化学工業賞」は高知県立高知工業高等学校 総合デザイン科 3年生の皆さん、「パナソニック賞」は高知県立須崎総合高等学校 電気情報系学科 3年生の皆さんがそれぞれ受賞されました。

 照明学会四国支部では今後もこのような活動を通じて若い世代に照明の世界に興味を持ってもらえるよう、働きかけていきたいと考えています。

©2004-2019 The Illuminating Engineering Institute of Japan. All rights reserved.