TOP / お知らせ / 一般の方へ / 光関連材料・デバイス研究専門部会公開研究会

2008年度 (社)照明学会 光関連材料・デバイス研究専門部会公開研究会
液晶バックライト光源の今後 〜市場動向とCCFL光源技術の最新動向〜

主催:

(社)照明学会 光関連材料・デバイス研究専門部会

協賛:

(社)映像情報メディア学会、SID日本支部、(社)応用物理学会、(社)電気学会、(社)電子情報通信学会
(五十音順)

日時:

2008年7月4日(金) 13:30−16:45

会場:

日本大学理工学部 駿河台キャンパス 1号館122会議室

参加者:

61名

報告:

 光関連材料・デバイス研究専門部会では「液晶バックライト光源の今後 〜市場動向とCCFL光源技術の最新動向〜」と題した公開研究会を開催しました。当日は液晶ディスプレイの技術動向とバックライト技術への期待、LCD用バックライトユニットの最新市場動向・コストダウン予測、冷陰極ランプの水銀有無が電極近傍に及ぼす影響、冷陰極型蛍光ランプの赤外放射低減、液晶テレビ用熱陰極バックライトの開発など、液晶バックライト光源の技術について、満員の会場で当初の予定以上に活発な討論が行なわれました。

 なお、本公開研究会の予稿集を一般販売します。1冊税込み3000円(送料別)です。購入先、購入方法などは、下記リンク先をご参照ください。

光関連材料・デバイス研究専門部会 過去予稿集リスト

講演会の様子:


鎌田委員長の挨拶


講演の様子1


講演の様子2


活発な討論の様子1


活発な討論の様子2

プログラム(敬称略):

光関連材料・デバイス研究専門部会 委員長挨拶 埼玉大学 鎌田憲彦
1. 液晶ディスプレイの技術動向とバックライト技術への期待 三菱電機(株) 谷添秀樹
2. LCD用バックライトユニットの最新市場動向・コストダウン予測 (株)テクノ・システム・リサーチ 藤田光貴
3.冷陰極ランプの水銀有無が電極近傍に及ぼす影響 ハリソン東芝ライティング(株) 武田雄士
4.CCFL(冷陰極型蛍光ランプ)の赤外放射低減に関する取り組みについて スタンレー電気(株) 宮崎裕久
5.液晶テレビ用 熱陰極バックライトの開発 松下電器産業(株)照明社 松本匡弘

このページの先頭へ