TOP / お知らせ / 一般の方へ / 照明学会 光関連材料・デバイス研究専門部会 公開研究会 液晶バックライト光源の現状

照明学会 光関連材料・デバイス研究専門部会 公開研究会
液晶バックライト光源の現状

結果報告

主催:(社)照明学会 光関連材料・デバイス研究専門部会
後援:なし
日時:平成16年10月15日(金) 13:00〜16:15
会場:化学会館 7階ホール(東京都千代田区神田駿河台1-5)
参加者数:66名

報告:
 「液晶バックライト光源の現状と将来」と題した公開研究会が開催されました.タイトルと発表者は以下の通りです(敬称略).液晶メーカーから見た「バックライト光源の課題」から始まり,光源メーカーからは「放電発光および固体発光を利用したバックライトの現状と将来」について紹介いただきました.会場はほぼ満席となる盛況ぶりで,活発な質疑応答が行われました.また今回は英語での御発表も行われ,国際性豊かな研究会となりました.

  • 液晶TVに求められるバックライトの要求性能
     石住隆司(シャープ)
  • 低圧放電の基礎過程とバックライト用光源としての懸念点 
     植月唯夫(津山工業高等専門学校)
  • バックライト用蛍光ランプ技術〜CCFLから水銀フリー光源まで〜
     川島康貴(NECライティング)
  • 白色LEDバックライト光源の現状と将来
     六車修二(日亜化学工業)
  • High-efficiency LED Backlights using surface emitting chip technologies
     Axel Schwab(オスラム オプトセミコンダクターズ)
  • 有機ELバックライトと光取り出し効率
     内藤裕治(スタンレー電気)

予稿集には残部がありますので,一般販売を致します.1冊税込3000円(+送料実費)です.

講演風景

講演風景
講演風景
講演風景

質疑応答風景

質疑応答風景
質疑応答風景
質疑応答風景
質疑応答風景


参加申し込み受付は終了しました。(以下はご案内の参考資料です)

日時: 平成16年10月15日(金) 13:00〜16:15
場所: 化学会館 501AB会議室 (東京都千代田区神田駿河台1-5)
交通:

JR中央線・総武線「御茶ノ水」駅下車徒歩3分
地下鉄丸の内線「御茶ノ水」駅下車徒歩4分 
地下鉄千代田線「新御茶ノ水」駅下車徒歩5分

(社)日本化学会 化学会館へのアクセス

講演内容:
時間 演題 講演者(所属)
13:00

13:30
液晶TVに求められるバックライトの要求性能石住隆司
(シャープ)
13:30

14:00
低圧放電の基礎過程とバックライト用光源としての懸念点 植月唯夫
(津山工業高等専門学校)
14:00

14:30
バックライト用蛍光ランプ技術
〜CCFLから水銀フリー光源まで〜
川島康貴
(NECライティング)
14:30

14:45
休憩
14:45

15:15
白色LEDバックライト光源の現状と将来 六車修二
(日亜化学工業)
15:15

15:45
High-efficiency LED Backlights using surface emitting chip technologiesAxel Schwab
(オスラム オプトセミコンダクターズ)
15:45

16:15
有機ELバックライトと光取り出し効率内藤裕治
(スタンレー電気)
参加費: 3000円(資料代)
(ただし光関連材料・デバイス研究専門部会員は無料)
主催: (社)照明学会 光関連材料・デバイス研究専門部会
問合せ/申込先: スタンレー電気(株) 佐藤 hiroyuki1_sato@stanley.co.jp
ウシオ電機(株) 住友 t.sumitomo@ushio.co.jp