「照明コンサルタント」の認定を失効された方へ

「照明士」「照明コンサルタント」は、一般社団法人照明学会の登録商標です。

お問合せ先

TEL: 03-5294-0105(平日10時~17時)

Email: education(at)ieij.or.jp
(”(at)”を”@”に変更して下さい)

更新認定の「救済制度」のご案内

「照明コンサルタント」の認定は5年ごとに更新いただくため、更新されずに認定が失効した後は更新ができず、再度、照明基礎講座を受講いただいたうえで合格される必要がありました。
 このような失効に対するご要望に応えるため、「救済制度」を設けました。この制度は、以下のとおりで、更新認定のお申込受付期間中に、「救済」のお申込も受付けます。

「救済制度」につきまして

(1) 概要
「照明コンサルタント」認定を失効されてから2年度以内の受付期間に「救済」のお申込みをいただいた場合は、失効されている方でも、その年度の「更新認定」にお申込いただけるようにする制度です(救済をお申込のうえ、更新認定をお申込ください)。
救済制度をご利用のうえで、更新認定に合格された場合、更新後の認定の有効期間は、認定の失効から5年間となります。
(2) 救済のお申込受付期間
更新認定のお申込み受付期間と同じ(6月上旬~7月末予定)。 なお、認定失効から2年度以内の更新認定のお申込受付期間を過ぎている場合は、救済制度のご利用はできませんので、ご注意ください(失効から2年度以内の受付期間ではないお申込みは予告なく無効となります)。
(3) 救済の手数料
3,300円(税込)
(4) 補足
 2021年度に「救済」をお申込いただける対象は、例えば認定番号で2019年度又は2020年度に更新をされず、又はそれら年度の更新認定に合格されずに失効された方々です。 下記に具体的な例を示します。
2021年度に救済をお申込いただける対象の例
  • 2013年度(第34期)又は2014年度(第35期)の照明基礎講座の合格者 (認定番号が「34」又は「35」から始まる方)
  • 2014年度又は2015年度の更新認定の合格者 (原則として、認定番号がLC19、LC20、LC24、LC25、LC29、LC30、LC34、LC35から始まる方。認定番号の末尾にA又はBが付いた方は、これらと異なる場合があります。)
  • 前回更新で救済制度を利用され、認定番号にQ-20がある方
PAGE TOP