TOP / 照明学会について

照明学会通信講座のご案内

「照明士」「照明コンサルタント」は、一般社団法人照明学会の登録商標です。

照明について学びたい方へ

近年の照明は”見るための照明”から”快適性を考慮にいれた空間の創造”へと大きく変化してきています。また、照明には全世界的な課題として考えられている地球環境の問題や高齢者への対応・省エネルギー問題など多岐に渡り課題が残されています。そこで照明学会では、照明への理解を深めてもらうため通信教育「基礎講座」と通信教育「専門講座」を行っております。

皆様の受講をお待ちしております。

基礎講座のご案内(照明コンサルタント®
基礎講座は照明に興味のある方なら、どなたでも受講できます。カリキュラムに定めた科目が合格点に達すれば、修了したことを証明する「照明コンサルタント®」の称号が与えられます。
更新案内
基礎講座を修了すると「照明コンサルタント®」の称号が与えられます。照明コンサルタント®の有効期間は5年で、継続するには5年ごとに更新認定が必要です。有効期間が終了となる対象者へは、更新認定のお申込受付時期に、ご案内を差し上げる予定です。また、毎年5月頃迄に、その年度の更新の説明をホームページに掲載しますので、対象者は更新認定をお申込ください。
なお、もし認定を失効された場合、失効後2年度以内の更新認定にお申込いただける救済制度があります。詳しくは、更新案内のページをご覧ください。
すでに照明士®を取得されている方で「照明コンサルタント®」の称号を継続したい場合は更新認定が必要となります。
専門講座のご案内(照明士®
専門講座は「照明関連の業務に関わる人達の専門知識を習得する講座」であり、合格者には「照明士®」の称号が与えられます。照明関連の実務経験者、高度な照明知識を習得したい方や基礎講座合格後さらにスキルアップされたい方などを受講の目安としています。
申込み方法
通信教育のお申し込みはこちらをご覧下さい。
休学・復学制度
受講者各位のご病気や業務のご都合、被災など、受講の継続が困難となった場合の対処のご要望にお応えするため、2018年度以降の各講座について、休学・復学制度を設けることといたしました。従来は、受講継続ができなくなった場合は、不合格が避けられませんでしたが、この制度のご利用により、不測の事態が生じても、合格に向けて柔軟に受講いただけるものと期待しています。詳しくは、「休学・復学制度について」をご覧ください。
体験談
実際に通信教育を受講された方や、照明コンサルタント®として活躍されている方の体験談をご覧になれます。
FAQ (よくある質問)
受講される方および現在受講中の方から寄せられた、よくある質問とその答えを紹介しています。
照明分野のご紹介( フォトギャラリー)
照明分野は多岐に渡っています。

住宅照明 店舗照明 オフィス・公共施設照明
屋外照明 景観照明 スポーツ照明