TOP / 照明学会誌 / 照明学会誌 2010年 Vol.94 / 第94巻 第12号 2010年12月

第94巻 第12号 2010年12月

特集 食品生産・流通における赤外放射の応用

学会誌表紙  食の安全・安心に関しては,生産から流通をへて消費にいたるまで,総合的に一貫した安全・安心の確保が緊急の課題となっている.照明学会においては,平成19年5月より光放射の応用・関連計測研究専門部会において「食物安全への赤外放射応用研究調査委員会」を設置し,この問題について主に計測技術や生産支援技術の調査研究に取り組み,3年間の活動を終了した.本特集企画は,この研究調査の成果をわかりやすく紹介することにより,照明学会がこの分野に重要な役割を演じることを紹介することを目的とする.また,本研究調査委員会から発展した新委員会について紹介する.

(石澤広明:食物安全への赤外放射応用研究調査委員会委員長)

照明のデータシート

(No.1261)明治北海道 十勝オーバルの照明

野畑 公樹,平野 康弘781

(No.1262)慶應義塾大学(日吉)第4校舎独立館の照明

太田 浩司783

ライティングフォトグラフ

(No.279)エレナホール上福岡の照明

山本 行洋785

(No.280)まるがめ競艇場ナイター設備の照明

田畑 俊則786

今日の課題

照明科学の原点

植野 糾787

特集解説

食物安全への赤外放射応用 動向と展望

石澤 広明788

近赤外分光放射計測の適用 農業生産支援

伊藤 秀和791

中赤外分光計測の適用

橋本 篤795

テラヘルツ分光計測の現状と展望

小川 雄一801

農産物の品質評価測定装置

山田 久也805

ハイパースペクトルデータによる茶葉の生育状況把握

赤松 幸生ほか808

特集座談会

食物安全への赤外放射応用研究調査を終えて

大倉 力ほか811

文献紹介

816

文献ガイド

817

学会記事

819

新製品紹介

821

このページの先頭へ