TOP / 分科会 / 照明普及分科会 / 事業活動

事業活動

普及活動イメージ「照明知識の普及並びに施設の発達を図る」事業活動を紹介しています。

  1. 照明普及分科会は「照明知識の普及並びに施設の発達を図る」ことを目的に諸活動を展開してきました。
  2. 今後も、わが国の照明水準や照明文化の向上、省エネルギーの推進において、より一層の貢献を果たすべく、新しい時代に対応した知識・情報の集積に努めてまいります。
  3. また、出版活動に加えて、表彰、イベント活動など、立体的な事業活動を通じて照明に係わる情報発信を積極的に図ってまいります。

省エネルギー照明の推進

省エネルギー、省資源、環境保全への配慮という今日的な課題を踏まえ、より高効率な照明の普及に努めます。

次代の照明文化の提供

照明施設はもちろん照明知識を含めて、「快適な照明」は豊かな社会発展に欠かせないものとなっています。当照明普及分科会においても、その多大な社会的使命を確認し、次代にふさわしい照明文化を提供すべく、さらに一層の努力を重ねていきます。

概要

  • 照明普及賞の表彰
  • 照明普及活動
     本部及び各支部では照明に関するセミナー、研修会などを開催しております。
  • 書籍・パンフレットの作成
  • 「あかりの日」行事の実施(共催)
  • 照明普及を目的にした展示、イベント等への出展

平成28年度事業計画

  1. 分科会ミーティング1回、幹事会4回、企画推進委員会4回、運営委員会4回を開催する。
  2. 事業内容:
    2.1 照明普及賞の表彰
     ・平成27年竣工の優秀な照明施設を表彰する
     ・平成28年竣工の優秀な照明施設を公募・審査・決定する
    2.2「あかりの日」行事活動
     ・関係3団体(「あかりの日」委員会、(一社)日本照明工業会、(社)日本電気協会)と共に「あかりの日」街頭行事を実施する。
    2.3 刊行物の発行
    (1) 定期刊行物の発行
     ・あたらしい照明155号「平成27年照明普及賞号」 平成28年6月発行
    (2) 特別刊行物の発行
     ・「住まいの照明省エネBOOK」改訂版(あかりの日リーフレット)平成28年7月発行
    2.4 照明普及賞受賞事例発表会の開催
     ・照明普及賞受賞者による受賞事例発表会を照明関連イベント等で開催し、照明普及活動PRを推進する

平成27年度事業実績

(1) 平成26年竣工の優秀な照明施設を表彰しました。
(2) 「あかりの日」行事活動に参加しました。
(3) あたらしい照明154号「平成26年照明普及賞号」(平成27年5月)を発行しました。
(4) 「住まいの照明省エネBOOK」改訂版(あかりの日リーフレット、平成27年7月)を発行しました。
(5) 平成26年照明普及賞
 平成26年照明普及賞の受賞者代表の方々に、平成28年3月8日〜11日に開催された照明の一大イベント,進化するLEDと有機ELの総合展「LED NEXT STAGE 2016」において、特徴や工夫した点などを照明施設に込めた思いとともにご発表いただきました。これを契機に、より多くの方々に照明普及賞に関心を持っていただき、より多くのすばらしい作品が世に送り出されることが期待されます。

【行事名称】平成26年 照明普及賞受賞施設事例発表会
【開催日時】平成28年3月9日(水) 15:45-16:40, 10日(木) 15:45-16:40
【開催場所】東京国際展示場(東京ビッグサイト) 西1ホールセミナーステージ
【発表内容】

3月9日(水)
地区 施設名称
九州・沖縄 熊本大学医学部附属病院 外来診療棟
東海 愛知医科大学新病院(中央棟)
北陸 北國銀行 本店ビル
東京 大手町川端緑道
3月10日(木)
地区 施設名称
北海道 KI NISEKO
東北 弘前市民会館
四国 チャペル ラ・ヴィータ
関西 京都国立博物館 平成知新館

このページの先頭へ